<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< サンドイッチと自己探求 | main | インチャとの再開 - 2 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

インチャとの再開 - 1

2006/09/10(Sun)



9月10日の日記の続き


dozenのワークを終え、イニシエーション(以下、イニシエ)の時間が近づいていた。

僕はイニシエを受ける気分ではなかったので帰るつもりだったが、龍さんのお誘いでイニシエのお手伝いさせて頂くことになった。



Eさんが来られて、しばしの談笑の後イニシエの準備が始まった。

自分は「光の柱」をイメージして瞑想をすることとなった。

ワークで瞑想を行う時、居眠りすることが多いので龍さんに「寝ないようにね♪」と言われた。

「がんばります(笑)」と言うしかなかった(⌒〜⌒;A




そして、椅子に座って腹式呼吸を始めた。

蓮さんはいつものようにスフマーとのチャネル状態に移っていく・・・。

と、思いきや、かなり時間がたったがスフマーへ変化しない。

しかも、何か様子がおかしい。

そして、かなり時間が経って苦しそうな(スフマーの?)蓮さんが「私はあなたです」というようなジェスチャーをした。

そして、霊的な蓮さんとなんとか話できた龍さんによると今から僕のインナーチャイルドをあらわして下さるとのことだった。

結構な時間をかけて、霊的な蓮さんから出た言葉を以下に抜粋した。
(※ 言葉は「うわーん」と泣き叫びながら)



「恐いよ〜 恐いよ〜 お母さん〜 (略)

 痛いよ〜 痛いよ〜 お母さん〜 (略)

 何もしてないのに 恐いよ〜 お父さん〜 苦しい〜 苦しい〜 (略)

 僕何も悪いことしてないのに なんでそんなに怒るの〜 (略)」



聞きながら僕は混乱し、動揺していた。

「具現化するほどのインナーチャイルドはいないはずなのに」

「何が痛いんだ?」

「蓮さんが苦しそう。それを見つめる龍さんも辛そう・・・」

「いつのこと?苦しい?これが僕?胸が苦しい・・・。訳がわからない。」



こんなことを思いながら、激しい感情が発生し、ハートチャクラからこぼれ出るのがわかった。

この激しい感情は顕在意識には出てこなかったが、大きくは「怒り」次に「悲しみ」だと思う。



この時、混乱していたのか涙はあまり出ない。

しかし、父を呼んだとき涙が出た。








具現が終わった後、気を取り直し、Eさんのイニシエが行われ、談笑した。

この時はどう受け止めていいかわからなかった。



会場を出た後、内なるインナーチャイルドの泣き叫ぶ言葉を思い返しているうちに、激しい感情の渦が巻き起こり始めた。



つづく




もっち * インナーチャイルド * 23:56 * comments(0) * -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 23:56 * - * -

コメント

コメントする









このページの先頭へ