<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 京都チャリンコスピ散策を終えて | main | 闇ジャンキー 〜 闇という名のおもちゃ 〜 (1) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

なぜに「京都チャリンコスピ散策」?





こういうのは企画の中に書くものだけど、今日はなぜ京都チャンリンコスピ散策を企画したか?を書こうと思います。

昨年の7月にdozenに出会い、自己探求を始め、探求シップに参加させて頂きました。
そこには日々自分の心と向き合っている方々がいました。

スピリチュアル系の集まりにありがちなヒーリングやエネルギー等のスキルを重視するのではなく、あくまでも「自分を癒すことができるのは自分だけ」(参照>真の救いへとリセット)という考えの元、エゴや思いこみ、育った環境等によりつくられた自分を縛るルール等に気付き、愛によりそれらを受け入れ、さらに自己受容の深めることにより自分のみならず、周りの人へも愛を深める。そして、その体験をシェアすることによりさらに成長を志す仲間達。

そんな学舎(なまびや)で探求を深め、dozenのカレッジ生と親交を深めているうちに「この人達となら表面上だけの付き合いだけでなく、本音で話し合える!」と確信を強めていった。

また、それが僕の求めていた「精神同士の交流の世界」=「精神世界(スピリチュアル)」だということに気付いた。

これまで多くの場合、本音で話し合うとエゴのぶつかり合いになって、下手したらケンカになる場合が多いかった。

もちろんこれは僕の問題でもあるのだけど、それをふまえた上でお互いに敬愛と自己探求の精神を持った仲間達となら一緒に成長し、これまでの歩みの中でちょっと疲れた心やトラウマを癒し、結果的に自分もみんなも幸せになれる!


そして、例えトラブルが起こっても乗り越えていける!


そんな素敵な仲間を増やしたい。それも楽しみながら!!




そんな思いからです。




そして、なぜチャリンコ(自転車)か?

それは、自己探求で自分を掘り下げて大きな気付きを得た後に、まるで贈り物(ギフト)のように気付きがきた。
(参考>内なる扉

・自分は幼い頃から知らない道を行くのが大好きだった。
 →例えば、小学生の頃いつも同じ道で帰らずに探検をするのが好きだった。
・知らない町並みや人々を見て、その場の雰囲気を感じるのが好き。

そして、ちょうど運動不足を感じていたこともあって「自転車だ!!」となった。

実は、自転車って9月に受けたトリンさんの探求サポートで「目を輝かせて自転車にのってる若いもっちさんがいます」とリーディングで言われたり、dozenの日記に自転車のことが載っていたり、10月には自転車を買い換えたりで、今から思えばいくらでもサイクリングを趣味にしようと思えるような機会はあった。

でも、結局自己探求で自分の奥深くに進めたことで自転車に繋がれたんだなって思う。



んで、京都は前から好きでいつか本格的にまわりたいと思っていた^^



あとは年始の鞍馬寺→初日の出→花精さんファミリーで癒やされ、気合いが注入されたからかな(笑)



そして、昨日(1/14)京都散策ができてよかったと思うし、できれば毎月続けたいと思っている^^



このような気持ちになれたのもdozenをはじめとするシップ活動をしている仲間達、そして、ここまで導いてきてくれた見えない存在達のお陰だと本当に感謝しています。


ありがとう・・・。





だから、やっぱり僕は興味がある人は自己探求をお勧めします^^v









もっち * 日記 * 23:56 * comments(2) * -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 23:56 * - * -

コメント

こんばんは♪
リンクをお願いしたいのですが、よろしくお願いしますm(__)m
Comment by レディバ @ 2007/01/16 10:16 PM
レディバさん、ありがとうございます♪

こちらこそ、よろしくお願いしますm(_ _)m

Comment by もっち @ 2007/01/17 1:39 AM
コメントする









このページの先頭へ