<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 聖杯リーディング | main | メッセージ - 1 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

11/05 キャンドルナイト&イニシエーション

2006/11/05(Sun)


今日は「キャンドルナイトで新月のイニシエーション in 京都」だった。

会場に向かいながら「あ、今日は新月だからクマラに会える♪嬉しい〜^^」という思いが沸き上がった。

しかし、なぜそのような気持ちになったかよくわからなかった。

(今、調べていたら鞍馬山・キャンドルナイトだけが「クマラ」ではないみたいだ。でも恐らくそれらは純粋な「クマラ」に近いように思う)






そして、スピカフェで出会ったA君(多分年上だけど親しみをこめて)に激しい衝撃を受ける。



(心の叫び)世界にはまだこんな人がいたのか〜〜〜〜!!!



※とか言いながら日本から出たことは無い(笑)



話を聞き始めてすぐに「あなた、何者?」とマジで聞いてしまった(笑)




A君は哲学好きということで、それはどんなことかA君が導き出した哲学や生活を聞かせて頂いた。

内容はズバリ精神世界に言われていることが多く、しかも今まで聞いたことのない深い内容だった。

また僕自身の弱点(逃避)を見事に克服したり、精神世界系の人が知っていてもなかなかできないことを生活の中で純粋に自分の心のままに体現していることに激しく感動と衝撃と刺激を受けた。




今回は人の話を聞いてばかりだったが、それはそれでとても楽しかった^^

もしスピリチュアル系の話に興味がある方なら、聞くだけでも楽しいと思う。

正直、京都は横浜に比べると人が少ないのでdozenのお二人とたっぷり話しができて嬉しいが、仲間は多ければ多いほど色んなことをシェアできるし、スピリチュアル系の話は実生活においても視野が広がって有益だと思う。僕が言うことではないけれど、ぜひ気楽に参加して欲しいと思う^^



そして、イニシエーションの順番が近づいてくる。

僕の心は子供となり「早くクマラに会いたいよ〜(半泣)」みたいな感じだった^^;

いつものように緊張しないよう、プラーナ呼吸やグラウンディングしながら待つ・・・・





そして、龍さんの案内でイニシエーション用に飾り付けやお香の焚かれた部屋に入る。

まじまじとは見なかったが、もちろんローソクもあった。

クマラ(?)の蓮さんに促されて、花束でつくられたサークルの外側に立つ。対面2.5mぐらい先には蓮さん。

その時の僕はクマラと対面した嬉しさで一杯だった。

そのお陰かこれまでのイニシエーションで最も緊張が無く(完全に消えはしなかったが)、安心し、そして全てクマラにゆだねよう、お任せしようと目を閉じた。


目を閉じている間、蓮さん(クマラ)の独特な呼吸や動作の気配が読み取れた。

そのうち体が自然に、回転しているコマが倒れる前のように時計と逆回転に回り始めた。

「これ、また何か始まりましたよ〜」とワクワクしながら薄目で蓮さんを見る。

すると背景が宇宙で蓮さんの手前に大きな光(ちょうど夜に見える星を拡大して人の大きさぐらい)があるイメージが見えた。

(それがクマラだったのかな〜?)

そして、まちに待ったクマラとのハグ。

未だに不思議なんだけど、本当に無邪気な子供のように、とても久しぶりに再開したようにハグした。




その時、僕の頭ではちょうどハイジの住んでいた山の草原を緩やかにした斜面を4,5歳の金髪(耳下ぐらいまでの長さ)の白い服を来た子供と、同じように青っぽい服を着た子供がお互い顔だけ向かい合いながら、走っているイメージが見えていた。


その子供の性別ははっきりわからないが、たぶん白い服の子が僕で青っぽい服が・・・クマラなのかな〜?とにかくそんなイメージをハグしている間、ずっと浮かんでいた。


そして、あまり確証がないのにもかかわらず、涙が出そうなほどの(心の中では泣いていた)嬉しさのあまりクマラに対して「クマラに会えて嬉しい」と言った。

(このまんまのセリフかは覚えていないが、本当に言いたかったのは「ずっと会いたかったんだよ。うわ〜ん」だった(笑))


このハグの時、「自分の道をしっかりと」というメッセージを頂いた。その時は深く考えず「はい」と答えた。


結局ダルシャンは受けられなかったが、クマラから「素敵なメッセージをありがとう」と言われて嬉しかった^^


そして龍さんと蓮さんにお礼を言い、満足して会場を後にした。




クマラ、龍さん、蓮さん、そして、多くの存在とスピカフェに同席した皆さん、ありがとうございました^^







そして、帰り道・・・・「自分の道をしっかりと」って・・・・どういうこと?あれこれ考えながら家路に着くのだった。






もっち * 体験談・感想 * 23:50 * comments(0) * -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 23:50 * - * -

コメント

コメントする









このページの先頭へ